不動産業界の専門用語

不動産投資とは

不動産業界の専門用語

不動産業界の専門用語 給料が上がらないので副業を推奨している会社も増えていますし、将来のために資産運用をしたいと考える人も増えています。実際にお金は沢山あればあるほど気持ちに余裕が生まれますが、仕事をして稼ぐには時間も体力にも限界があるので、不労収入があることが望ましいといえます。不労収入を得る方法として不動産投資を行うという手段がありますが、資産運用の中では比較的始めやすいといえます。

所有している不動産を賃貸物件として賃借人に使ってもらい、家賃収入を得ることができれば安定した不労所得にすることができるからです。しかし気を付けておきたことは、不動産投資の仕組みはそれほど難しいことがなくても、契約書を交わすときには業界の専門用語が羅列されているので、それらをすべて理解しておくことが必要だということです。専門用語をよく理解しないまま契約を結んでしまい、実はあとで損をしていたことに気づいても後の祭りですから、しっかり業界の用語を勉強して準備をすることが必要です。

不動産業界を知るには利回りの知識は必須です

不動産業界を知るには利回りの知識は必須です 不動産業界を知るときに理解しておきたいのが利回りです。これは物件を運用したいときにどれくらいの収益を出せるのかを数字で表したもので、利回りが高いと収益もアップします。具体的には地代の収入割合を指すものです。これはあくまで見込み収益を指すものなので、実際に運用してその数自分の利益が得られるとは限りません。
表面と呼ばれるものは年間の家賃収入と不動産の購入金額を割ったものです。これは物件を運用したいときに部屋が満室の状態だとどれくらいの利益が出るのかを表した数字と考えておきましょう。注意点として数字が大きいところは難易度が高めということです。
例えば都会よりも田舎の物件のほうが利率が少し高めに設定されています。これは人が少ないため利用者も少なく利率が大きく設定されているのが特徴です。逆に都心の需要のある地域や人の多い地域だと利率は低めに設定しています。低くても利用者が多いのでコンスタントに利益を出せるため低めの設定です。

新着情報

◎2019/4/19

サイト公開しました

◎2019/3/29

サイト公開しました

「不動産 業界」
に関連するツイート
Twitter

建設はともかく、不動産業界だって今は大手の財閥系すら商業ビルやマンションが収益の多くを担っているし、アセットではなくプロパティマネジメントで儲けるためには消費が落ちてはどうしようもない。実際、アベノミクス万歳なんて言ってる企業はどれだけあるのか。

不動産とかいうボケ業界も未だにFAX使ってるしアホかよ

R65不動産は、いずれ国籍の壁、ジェンダーの壁を壊していきたい。 不動産業界は、まだまだ差別や偏見がはびこり本当におかしいのではないか、と思う。 できるところから一つずつ、変えていきたい。

Twitterやまりよ|平成のゆとり大家@ryo0y

返信 リツイート 0:45

返信先:@nukusu 不動産とかホテルがすごく興味というか好きで出来ることならそっちの業界で仕事できないかなと思ってます…

それでも、そこをゴネて買えなくなるよりはマシ、という事で受けてしまっているのが現状です。 (悪質なケースだと買主の担当者が仲介会社からバックをもらっているケースもあるが) 不動産業界の中でも、投資ワンルームの世界では、 (続く)

返信先:@_ol_mi他1人 もう一つ言うと、そもそも不動産は日本人でも結構借りづらい。容姿や言動等で普通に高圧的な態度とってくる。不動産会社自体も変なの入居させて面倒になるぐらいなら、高圧的に対応してリスクを減らそうとしてるのもある。元々そういう業界だから、差別がどうとか深く考えないほうがいい。

RT @TaimanTV: 不動産業界のおっさんたちは臭いの改善なんて1ミリも考えてないし加齢臭に加えてタバコや昼間から酒臭かったり変な整髪料の臭さも混ぜ合わさって激烈臭オッサンコンボな訳だけど、お金の為と割り切ってお付き合いしております。 今後もこの業界のオッサン臭が改善され…

不動産業界転職サービス【 廣済堂キャリアリサーチ 】 のご紹介 bluephoenix.blog/2018/12/20/%e4…

昔お世話になった不動産屋さんが、「この業界は日本一ネットから取り残されててねー」って笑っていました / 1件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/baron-… “未公開土地の探し方5選!ネットに掲載されない物件を効率よく見つける方法。 | MyHome・Lover's” (1 user) htn.to/25ZmFiLFJh

おっ不動産な、去年の段階でそろそそヤバそうって業界の人から聞いてたぞ(周知の事実じゃねぇのか)